ホーム < 札幌花き地方卸売市場について < 札幌花き地方卸売市場の紹介
札幌花き地方卸売市場について札幌花き地方卸売市場の紹介地方卸売市場のしくみ市場・施設の概要札幌花き地方卸売市場の一日取扱状況データ(年別)取扱状況データ(月別)開市日カレンダー開設者について品評会北海道花き品評会 切花の部北海道花き品評会 鉢花の部 ブログ市場関係事業者リンク花リンク見学のお申し込みお問い合わせはこちらから

札幌花き地方卸売市場の紹介

経緯

札幌花き地方卸売市場の様子

札幌花き地方卸売市場は、国・道の卸売市場整備計画に基づいて、市内に分散していた3つの花き卸売市場を移転統合し、新たに札幌流通圏を中心にした拠点市場として、昭和56年4月に開設いたしました。

-昭和55年度地方卸売市場施設整備事業-

その後、取扱量が順調に増え、卸売場をはじめとする諸施設が狭あいとなったため、施設の増設が計画、実施され、昭和62年11月に増設施設が完成いたしました。

-昭和62年度地方卸売市場施設整備事業-

また、62年の増設後も予想を上回る勢いで取扱量が伸び、市場施設が狭あいとなり、加えて、今後も札幌市および周辺地域の人口の増加、個人消費の伸びが見込まれ、さらに稲作転換等による生産増、輸入花きの増加も見込まれることなどから、狭あい化を解消して、その後の円滑な花き流通を確保するため、再度、増設が計画され、平成4年11月に増設市場施設が完成いたしました。

-平成4年度地方卸売市場施設整備事業-

平成12年11月からは手狭であった、切花棟の仲卸売場の増設、改修工事に着手、平成14年4月には、一連の工事がしゅん工、現在の施設規模になっています。

このページのTOPへ

役割

花き園芸品は、市民の日常生活に欠かせないものですが、この市場は、札幌市を中心とした周辺地域の消費者に、新鮮かつ豊富でしかも安定した価格により供給し、道内の花き市場流通の5割以上扱うなど、中核的役割を担っており、平成13年度策定の第7次北海道卸売市場整備計画において、北海道の中核的拠点市場として位置付けられております。札幌花き地方卸売市場の様子
このページのTOPへ

開設者

この市場の開設者(株式会社札幌花き地方卸売市場)は、適正な取引の推進等の観点から札幌市も出資した株式会社です。これは、地方公共団体と民間とが一体となり、それぞれの責任と権限を分担し経済性、能率性を追及していこうとするもので第3セクター方式と呼ばれています。
開設者について>>
札幌花き地方卸売市場の外観
このページのTOPへ