ホーム < 札幌花き地方卸売市場について < 札幌花き地方卸売市場の一日
札幌花き地方卸売市場について札幌花き地方卸売市場の紹介地方卸売市場のしくみ市場・施設の概要札幌花き地方卸売市場の一日取扱状況データ(年別)取扱状況データ(月別)開市日カレンダー開設者について品評会北海道花き品評会 切花の部北海道花き品評会 鉢花の部 ブログ市場関係事業者リンク花リンク見学のお申し込みお問い合わせはこちらから

札幌花き地方卸売市場の一日

荷受作業

前日の夜から荷受作業
荷受作業風景全国の花の産地から、いろいろな切花や鉢物が入荷します。
道外(67%)からは、切花のほとんどが空輸され、新千歳空港からトラックで到着します。
鉢物は、長距離トラック・フェリーを利用して運ばれます。
荷受作業風景道内産(33%)は、各地の農協・生産者からトラックで運ばれてきます。
到着した品物は、卸売業者が入荷した荷物と伝票を確認して受け取ります。
荷受作業風景ダンボールに入った切花やトレーに入った鉢花が台車に乗せられ卸売場に並べられます。
このページのTOPへ

データ入力・せりの準備

データ入力・シール貼付作業
データ入力・シール貼付作業風景出荷者や品物のデータをコンピュータに入力、データをシールにしてダンボール等に貼り付けていきます。
表示データの確認作業
表示データの確認作業風景シールの張られた商品を、データに間違いがないかチェックします。
確認の終わったものから、せりの順番に並べられます。
上場配列・下見
上場配列・下見風景せりに上場される花きは、台車に整理して並べられています。

当日のせり前に、仲卸業者・買受人は、全国から届いた花々を入念にチェックしてあらかじめ買いたい花を選び、いくらぐらいで買うかを決めて、これから始まるせり取引に備えます。
このページのTOPへ

切花のせり取引

切花のせり取引風景(買い手側)
切花のせり取引風景(買い手側) 切花のせりは、仲卸人・買受人約130人が「ひなだん」に並んで、午前8時のせり開始を待ちます。

月・水・金曜日は、入荷量が多く、せり人も10人が一斉に立ち、ブザーとともにせりが開始されます。
切花のせり取引風景(せり台側)
切花のせり取引風景(せり台側)せり人の呼び声で買い手が値段をせり合い、一番高値をつけた買い手に売られます。

買い手が決まった商品は、コンベアに次々に流れてはこばれます。
切花のせり取引風景
切花のせり取引風景せり人は、品目、産地、出荷者、等級、数量、その他品質の程度など必要な事項を呼び上げます。
買い手側は、指の符丁で、値段と数量を意思表示して、欲しい品物についてはせり合います。
切花のせり取引風景せりで落札された品物はベルトコンベアで運ばれ、分荷されていきます。
このページのTOPへ

鉢物のせり取引

鉢物の入荷配列・せり準備
鉢物の入荷配列・せり準備風景道内・道外の産地からトラックで、入荷します。
到着した品物は、卸売業者が伝票等を確認して受け取ります。
販売用の伝票を貼り付け、せりの準備をします。

当日のせり前に、仲卸業者・買受人は、あらかじめ買いたい花をチェックしおいて、これから始まるせり取引に備えます。
鉢物のせり取引風景(せり台側)
鉢物のせり取引風景(せり台側)鉢物のせりは、火曜・金曜日で、せり人が3人立ち、午前9時のブザーとともに一斉にせりが開始されます。

せり人は、「ひなだん」の仲卸人・買受人約40人に向かって、品目、産地、出荷者、等級、数量、その他品質の程度など必要な事項を呼び上げます。
鉢物のせり取引風景(買い手側)
鉢物のせり取引風景(買い手側) 買い手側は、指の符丁で、値段と数量を意思表示して、欲しい品物についてはせり合い、一番高値をつけた買い手に売られます。

買い手が決まった商品は番号がつけられ、せりが終わると番号を確認して引き取られていきます。
このページのTOPへ

分荷・荷の引き取り

分荷作業
分荷・荷の引き取り風景せりで落札された品物は、販売先の番号の表示された台車に分荷され、積まれます。
分荷・荷の引き取り風景お花屋さんは、伝票と現物を確認お店のワゴン車やトラックに積み込み、お店に運びます。

お店では、水揚げしてから、店頭に並べられます。
分荷・荷の引き取り風景仲卸業者は、市場内の売場で、買出人に販売します。
このページのTOPへ